セルフ貸出装置の使い方

中央図書館と桜ヶ丘分館では、セルフ貸出装置を用いて、自分で図書の貸出と更新(貸出期間の延長)を行うことが出来ます。

図書館利用票を持っていれば誰でも利用できます。

中央図書館のセルフ貸出装置は、1階カウンター手前(出口そば)にあります(写真)。

 

 

画面の指示に従えば、誰でも簡単に貸出・更新手続きが行えます。

図書を1冊ずつ置き、表紙に貼られている図書館のバーコードラベルを読み取らせて操作します。

*日本語・英語・中国語に対応しています。

ただし、次のような場合はカウンターにて手続きをして下さい。

  • バーコードラベルが貼られていない図書や、雑誌を借りる時
  • 「CD-ROMはカウンターまで」のシールが貼られている本など、付録のある本を借りる時
  • その他、エラーが表示された時

 

 

エラーになりがちな使い方

  • 本の向きを間違えて置いてしまう

    背表紙を奥側に置きましょう。

  • 奥にあるバーの上に本を置いてしまう。

    →バーの上に本を置いてしまうと、バーコードをうまく読み取れません。バーの下に本を置きましょう。

 

 

 

簡単に操作できますので、ぜひご利用下さい。